ブログ

ラッピングのリボンが上手く結べない時の解決法!

ラッピングで蝶々結びが上手く結べなーい!!

そんな方に向けて、ラッピングコーディネーターがちょっとしたコツをお伝えします!!

 

まずは、こんなお悩みをお持ちではないですか??

リボン結びのお悩み

  • リボンが斜めになる
  • リボンがねじれる
  • リボンの左右のバランスが悪い
  • リボンがぺちゃんこになる

 

これは、リボン結びの基礎をさっと身に着ける方がオススメ!!なのですが、

こんな風にリボンの形を手直し出来ますよ♪♪

という方法を動画でお伝えします。

5分程度の動画です。

 

動画の中で、左右の大きさを揃える方法をお伝えした部分。

リボンのたれを引っ張って調整するのですが、たれを引っ張るとリボンが緩みます。

そこで、リボンを締める必要があるのですが、その部分は説明してません。。

なぜなら、リボンの「正しい結び方」と深い関係があるからです。

 

動画では何度も引っ張って、リボンをキュッと締めていますが、本当はこれはダメ。笑

一発でキュッとリボンの中心を締める方法があるんです!

※その方法は最後に紹介しているページをご覧ください。

 

実はこの動画はリボン結びを習ったことがない、初心者さん向けの動画なんです。

 

 

ラッピングコーディネーターがリボンを結ぶ時は「ロールリボン」を無駄なく上手に使うので

動画のようにカットしたリボンを使いません!

ラッピングコーディネータはこんな風に結んでいます。

↓↓

気付きましたか??

そう、ゴミが出ないんです!!

 

100円ショップのリボンもロールで売ってますよね。

このリボンの結び方の方法を知っているとラッピングで無駄なゴミが出ない!

 

そして何よりキレイにリボンが結べる!!

 

 

それから、

リボンに裏表がある場合や、ロゴが入ってる場合、リボンを結んだ後での修正は難しいのです。

そもそもリボンの結び方が間違っているからです。

正しい結び方を知る必要があります!

裏表のあるリボンの結び方|ジェイミールーカス

リボンを綺麗に結びたい!

裏表のあるリボンの結び方を知りたい!

という方は、こちらのページもご覧ください。

知っておくべき!リボンの結び方の基本とコツ!

 

-ブログ

© 2021 Jamie&Lucas Powered by AFFINGER5